ミタゾノの米国株投資

マルチ収入家のユキヒデが普通のサラリーマンが米国株投資を中心に、副収入を得る方法を紹介したブログです。

【AEP】米国公益電力企業アメリカン・エレクトリック・パワーの配当利回りは3.5%の米国電力株、株価は右肩上がり【SO】と比較

apeのチャート、配当利回り、配当落ち日、株価

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーは1906年に設立された、アメリカの老舗の電力会社です。エジソンとニコラ・テスラが直流と交流で敵対していたのが、 1880年代後半ですから、その歴史を感じます。

 

設立当初は小さな会社ですが、買収と合併を繰り返し巨大企業に成長しました。結果、現在の顧客は、企業や個人合わせて550万となります。電力事業は規模のメリットが生きるので顧客数の多さはアドバンテージになります。 

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーはどんな事業をしている会社か?

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーは全米50州のうち11州にまたがって発電事業と、電力供給事業を行って言います。 

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーの基本情報

ティッカー:AEP
本社:アメリカ合衆国 ジョージア州 アトランタ
配当利回り:3.49%
1株配当:年間2.40ドル
配当性向:68.9%
連続増配年:6年

PER:11
PBR:1.35

連続増配年6年です。配当利回りは、3.49%。配当性向についても、68.9%とまだまだ余裕があります。

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーの権利落ち日と配当支払日

f:id:kakusala:20190127190033p:plain

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーの過去の 配当落ち日は、上表2列目になります。配当落ち月は、1月,4月,7月,10月で、配当支払い月は3月,6月,9月,12月の年4回です。

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーのチャート

10年間の株価チャート(月足)

f:id:kakusala:20190127190352p:plain

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーは、2008年のリーマンショック後に株価が持ち直してから、右肩上がりで上がっています。これは他の電力会社と比較すると稀です。

5年間の株価チャート(週足)

f:id:kakusala:20190127190408p:plain

RSI基準で考えると現在の株価よりももう少し下がったところで購入したいですね。

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーの一株利益と一株配当

f:id:kakusala:20190127193631p:plain

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーの一株配当と増配率

f:id:kakusala:20190127193925p:plain

DPS(一株当たり配当)は毎年漸増しています。

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーの一株配当と配当性向

f:id:kakusala:20190127193956p:plain

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーのEPSとBPS

f:id:kakusala:20190127194020p:plain

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーの売上と利益推移

f:id:kakusala:20190127194040p:plain

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーのキャッシュフロー

f:id:kakusala:20190127194057p:plain

電力会社特有のキャッシュフローを示しています。投資キャッシュフローが大きく、ここ数年はフリーキャッシュフローがマイナスになっています。

 

他の電力会社もこのようなキャッシュフローとなりがちですが、電力会社は、発電設備や、送電網などの設備費が大きい事業体となっています。

 

それでも、安定した電力使用量が稼げるので、経営的には問題はありません。 

【AEP】アメリカンエレクトリックパワーと【SO】を比較

f:id:kakusala:20190127194118p:plain

過去10年を見るとAEPの方に投資した方がトータルパフォーマンスが良かったことになります。

【AEP】アメリカンエレクトリックパワー まとめ

連続増配年が6年です。配当利回りが3.5%は少々物足りない状況ですし、減配も他の電力銘柄よりもし易い印象です。ただし、過去10年の株価は右肩あがりです。

 

過去10年は【SO】よりも株価パフォーマンスは良いです。

 

関連銘柄

米国電力株【SO】サザンカンパニーの記事です。

www.mitakabu.com

英国ADRの電力株【NGG】の記事です。こちらも高配当です。私も保有しています。

www.mitakabu.com

米国電力株【DUK】デューク・エナジーの記事です。

www.mitakabu.com