ミタゾノの米国株投資

普通のサラリーマン「ミタゾノ」が高配当米国株投資で、日本のサラリーマンが着実に資産を築いていく方法を実践し、紹介していくブログです。自由な生き方は不労所得で実現する!!を合言葉に、投資資金3,000万円を運用中。

お金の増やし方を知れば、人生を自分のものにすることができる

スポンサーリンク

f:id:kakusala:20181002150502j:plain

「お金は、お金があるところに集まるって言うけど、私の所にはぜんぜん集まらないなぁ」

 

こんなことを考えたことはないでしょうか?

 

どうして、真面目に働いているのに、お金が貯まらないのか?その理由は、

 

「お金の増やし方を知らないから」

 

勤勉に働くことは尊いことです。ですが、お金を増やすという視点で考えると、効率が悪く、サラリーマンの収入だけでは、生きている間に資産1億、2億といったようなお金持ちになることはできません。

 

労働力を提供して、お金を貰うサラリーマンという職業では、大企業、中小企業、平社員、係長、課長、部長と給料の差こそありますが、

 

会社からもらう給料で生活しなければならないことはかわりません。定年まで働き、そこからは、年金暮らしという人生になります。

 

65歳からの自由、下手したら70歳から得られる自由で、幸せな人生だと言えるでしょうか?

 

会社に経済的、精神的に縛られない人生を得るために、誰でもできる、お金の増やし方を学び、それを実行することが重要です。

 

そういう訳で、今日は、私が実際に取り組んでいる資産作りの方法を紹介させて頂きます。

 

私は普通のサラリーマンですから、皆さんも必ずできます。「やるか」、「やらないか」で数十年後の資産額は大きく変わるはずです。

 

そして、うまく立ち回ることが出来れば、若年期でのセミリタイヤも夢ではありません。

サラリーマンがお金持ちになれると錯覚する理由

私は、サラリーマンは「お金持ちになれない」ということを知らないで就職しましたが、何年も「お金持ちになれる」と勘違いしていました。

 

なぜ勘違いしたかというと、学生時代バイトでもらう月収は、通常は5、6万円前後、多くても10万円前後の収入でした。

だから、就職して初任給に228,081円もらったときに大金だと思いました。ここで錯覚したのです。

この会社で、努力して出世すれば金持ちになれる。出世して部長になれば金持ちになれると思いました。

しかし、時は流れ私も結婚して家族を持ちました。養う人数が増えるのに伴い、支出が増加して、働いても働いても、あまり貯蓄額は伸びません。

なぜなら大企業でも、昇級率は平均2%、緩やかに上昇する給料に対して、

人生のライフステージ、結婚、子供の誕生、教育、家の購入などで支出が増加する方がスピードの方が遥かに速いので、働いても働いても経済的な余裕が生まれる訳はありません。

さらに、日本の累進課税制が、普通のサラリーマンがお金持ちになることを妨げます。

このような事実から、我々サラリーマンは「努力する方向を間違わない」ようにしなければなりまりません。
 
「人の何倍も努力して、人よりも残業して、偉くなっても」増える給料は、「お金持ち」になれるほど多くはならないのです。
 
ですから、経済的に、一生会社に依存した人生となってしまいます。一度きりの人生の選択肢が狭まるのです。
 
経済的な拘束から抜け出すために!
 
だから、「勤勉に働いて、会社からもらうものは貰って、資産作りは別な方法で行う」という考え方が必要になっていくるのです。
 
今の生活を支えながら、新しい収入源を構築していくことこそが、資産作り、自由な人生の獲得の王道なのです。 

お金が集まるシステムを作る

私が、実践しているお金持ちになるシステムは次にあげる方法です。

  1. 株を買って配当を複利運用する
  2. ブログでアフィリエイト収入を得る
  3. 会社を作り節税する

これは誰でも簡単にできる方法です。

サラリーマンと言う本業がありながら、「余力の労働力を使って」、又は、「1度労働力を投入した後は、ほとんど放置した状態」で、本業収入と別にお金が集まるシステムを構築するのです。

特に、1と2は、今日から始められることなので、すぐに始めることを強くおすすめします。

なぜなら、たったこれだけで、私の人生は好転したからです。

1.株を買って配当を複利運用する

「ミタゾノの米国株投資」で紹介している積立投信やETFは、多くの銘柄に分散投資しているので、個別株の持つ下落リスクを分散させた初心者にも扱いやすい良い商品が沢山あります。

 

それから、配当王や、配当貴族と呼ばれている何十年も増配を続けている企業も沢山あるので、そのような企業の個別株に投資するのも良いでしょう。

 

このような、株や、投資信託、ETFに、サラリーマンの本業で、汗水流して得た労働収入を投資するのです。

 

株の値下がりリスクに対しては、長期運用することで対処することができます。

そのためには、勤勉に働き、原資を捻出しなければなりませんがサラリーマンの最大のメリットの定期収入を利用するのです。

 

では100万円を、税引後配当利回り4%で運用した場合に、配当を追加投資しない単利運用と、複利運用した場合の40年後の予想運用成績をグラフで見てみましょう。

f:id:kakusala:20181002144739p:plain

 百聞は一見にしかず、グラフを見れば
複利運用がお金がお金を呼ぶ投資方法であることがはっきり分かると思います。

40年後は、単利では資産額が256万円になるのに対して、複利では462万円です。元本が100万円ですから、156万円と、362万円の利益です。その差は206万円です。

 

株や、投資信託、ETFなどの投資商品を買うということは、会社の一部を買うことと同じことです。自分が働かなくても、買った会社(その会社の社員)がお金を増やしてくれるのです。

 

当ブログでは、主に米国株投資を紹介しています。特にYWMや、VOO、VTIなどのETFは、米国の優良企業に幅広く投資されていて、なおかつ手数料も格安です。

 

そういった投資先に、分散投資して複利運用することで、「お金に働いてもらって」資産形成していくのです。

 2.ブログでアフィリエイト収入を得る

今はブログは資産であると言えます。ネット上に、人のためになる情報を発信すれば、広告収入を得ることができます。

しかも全くリスクはありません。人のためになる情報を発信し続けて行けば、かならず収入を得ることができます。

 

私の場合、30記事ほどのブログを、何年も放置していますが(内容は濃いです)、

このブログだけから、毎日300円近くの報酬が発生しています。

このブログだけで、月9,000円近く稼げている計算です。このブログに関して言えば完全に不労所得と言えます。

 

私は、ブログを3個ほど運営しています。ブログ運営は、ブログを書くという作業が発生するので、純粋には、不労所得とは言えません。

 

でも、ネット上に掲載しておけば、自分が寝ているときでも継続した安定した収入をもたらしてくれます。 これは資産作りには、大きな効果をもたらします。

 

サラリーマン収入と違い、努力した分だけ、直接収入の増加に結びつきます。

しかも何より、楽しいです。楽しいことで稼げるなんてすばらしいと思いませんか?

しかも自分のライフプランを考えるための頭の整理にもなります。

人のためになることで収入を得るということを直接実感できる素晴らしい方法です。

3.会社を作り節税する

株式投資や、ブログのアフリエイト収入が増えたら「会社を作り節税」します。

 

例えば自宅でブログを書いていたら、家の一部の家賃を経費にできたり、営業用に車を購入すれば経費にできます。

 

サラリーマンは、給料から先に税金を引かれますが、会社は経費を引いてから税金を引かれます。この違いに気が付けば、どれだけ得できるかわかると思います。

 

合法的に節税することが可能なのです。脱税は絶対NGですが、節税できる段階にまで到達していない我々サラリーマンには日本の税制は不利なのです。

まとめ

 私は、上記で触れた、「1.株を買って配当を複利運用する」と「ブログでアフィリエイト収入を得る」とうことは実現済みです。

 

サラリーマンという仕事以外に、この2つのお金を生み出す行為をはじめただけで、お金がお金を生み出す相乗効果を感じています。

 

ブログを運営して得た、アフィリエイト収入を、米国株投資に使用して、複利運用していく、これをするだけでもお金の増え方は目に見えて変わってきました。

今は、「お金はお金があるところに集まる」と言われることが、まだまだ、小さな金額ではありますが、わかったような気がしています。

 

このような「人生を自分のものとすることができる」行動を起こし、それを積み重ねていくことで会社では得られなかった世界が広がり、経済的にも精神的にも豊かな人生になることを信じています。

 

GoodLuck!!