ミタゾノの米国株投資

マルチ収入家のユキヒデが普通のサラリーマンが米国株投資を中心に、副収入を得る方法を紹介したブログです。

老後破産を回避しつつ、人生の目標を達成するためにすべき3つのこと

f:id:kakusala:20190124133722p:plain

私も同じですが、「幸せになりたい」、「老後は、経済的に何不自由なく悠々自適に過ごしたい」と考えることは当り前ですし、一生を幸せに過ごすことは、労働しているサラリーマンの権利だと考えています。

 

ただ、「人生幸せになりたい」という目標のため、計画的に資産形成をされている方もいる一方、本業の忙しさからか、日々の仕事をこなすのが精一杯という方がいるのも現実です。

 

誰もが、幼少のころ「将来何になりたい?」と聞かれたことがあると思います。大人になった今、もうパイロットや、サッカー選手になるのは無理なのは分かっていますが、「経済的に幸せな人生をつかみ取る」ことは、現実化しなければなりません。

 

そこで、私が問いたいのは、

「今の会社で定年まで働いたとして、あなたの人生の目標は達成されますか?」

「幸せな老後を迎えることができますか?」

ということです。

 

私は、今の会社に就職して、15年ほど経ってしまっていますが、考えて見るとこれまでこういった疑問さえもったことがありませんでした。

 

忙しさに負け、働くだけの毎日。「自分の人生で何をしたいか?」について本気で考えたことが無かったし、その目標に向かって計画的に突き進むようなこともなかったわけです。

 

1回だけの人生で何かを成し遂げたいという目標を立て、実践していくこと自体が、日々の労働のモチベーションを上げてくれますし、その目標のためにお金を稼ぐということになれば、ルーチンワークと化した仕事に、再び喜びを与えてくれます。

 

ほとんどの場合「何かを成し遂げる」、「幸せな人生を手に入れる」ためには、資産形成に本気で取り組むことが必要になります。

 

それに気づかずに日々を過ごしているサラリーマンが自分も含めて多いのではないかと思っています(それだけ仕事が大変だともいえますが…)。

 

資本主義経済の社会で生きるということは、

 

資産形成の成功=人生の成功

 

と言っても全く不都合はありません。自分の人生の目標を現実化するために、経済的な自由を求めるために、資産形成をすぐに始めるべきです。 

夢の実現のためにサラリーマン収入だけで足りるか?

サラリーマンの利点の一つとして、将来の収入額がだいたい分かるということがあると思います。係長、課長、部長の年収など、自分の会社であれば漏れ聞こえてくるものです。

 

「自分の人生の目標を達成する」ためには、お金が必要になるということについて前述させて頂きましたが、必要になる金額は、飲食店を開きたいとか、海外移住したいとか、途上国に学校を立てたいとか、人によってさまざまです。

 

ですが、「人生を幸せにすごす」という、皆がなんとなく持っている目標であるならば、いつまでにどれくらいの資産形成をしていけばいいか予想は立てられます。

 

今、「将来何になりたい?」と聞かれたとき、「老後破産せずに幸せな人生をすごす」という目標はほとんどの人が達成したい最低限の目標だと思います。

 

だから、老後破産を回避することを資産形成で確定し、そこから自分の人生の目標、夢の実現のためへの資金を貯めるにはどうするか考えて見たいと思います。

 老後破産しないために

定年までに3,000万円貯めておかないと老後破産する確率が高くなるということを聞いたことがあるでしょうか?これはある見方では正しくて、違う見方をすれば正しくありません。

 

サラリーマンの方は、厚生年金を払っていますが、夫婦2人のモデル家族で、年金の月額は約20万円です。老後夫婦2人の生活費は25万円必要と言われていて、現役時代に年金を満額払っていても月当たり5万円も足りません。知っていましたか?

 

この足りない5万円をどうするか?

 

私は定年までに「1,500万円を年利4%(手取り)で運用できる投資資産を構築すれば、老後破産にならない」ということ会社の同期にも言っています。私はこれを米国株投資で実践し、投資資産額ではすでに達成しています。

 

米国株は、税引き後配当利回りを4%前後で運用することが可能で、1,500万円の年間配当は手取りで60万円となり、月平均5万円です。足りない分の年金5万円を働かずして賄うことが出来ます。しかも元本を減らすことなくです(株価変動はあります。)。

 

米国株の特性として、例えば、KOや、PG、JNJなどの連続増配株は、株価変動があるものの、減配はし難いという特性があります。

 

若い時から投資を始めれば、定年までに時間があるので、1,500万円の資産を構築するのは実は難しくありません。  

65歳までに1,500万円投資資産をつくるには?

結論から言うと、65歳までに1,500万円を投資資産を作るためには20歳から投資を始めて65歳まで毎月1万円を自己資金から税引後配当利回り4%で複利運用すれば作ることが出来ます。

 

次の表を見てください。左から、行番号(投資年数)、年齢、期待資産額、自己資金累計、配当累計を示しています。

 

簡単に言うと下表は、毎年12万円(月1万円)の自己資金を65歳まで定期的に投資したとして、税引後配当利回り4%で複利運用した場合の資産の増加がどうなるか表しています。

 

ただし株価の変動は考慮していません。

実際は、株価が下がったときは同じ資金でも株を多く買うことができ、株価が上がったら同じ資金で少ない枚数の株しか買えませんが、長期投資を前提でしているので、資産は以下の表のように推移すると考えられます。

単位:(万円)

f:id:kakusala:20190124191205p:plainf:id:kakusala:20190124191328p:plain

表が長くて申し訳ないですが、20歳から月1万円(年12万円)の投資で、65歳を待たずして64歳で目標の投資資産1,500万円を達成できます。しかも自己資金は540万円です。1,000万円分働かずして配当で得たことになります。

 

こうなれば、株価の変動はどはほとんど気になりません。株価が下落して資産が減っても、多くは配当で得たお金です。老後この元本1,500万円に手を付けず配当と年金で暮らしていけば資産を減らすことなく生きて行けるわけです。

 

月1万円の投資で、老後破産を回避できるなら資産運用をやらない手はないですよね。以上の資産構築システムを続けて、65歳までサラリーマンとして働けば、「年金+配当=必要生活費25万円(夫婦2人分)」で老後破産の不安は無くなるはずです。

 

私の子供には、20歳になったら月1万円を税引後配当利回り4%を目標に複利運用させるつもりです。難しいかもしれませんが、学校でもこのくらいの金融に関する教育はすべきだと思います。 

 

上記の資産運用のシステムを構築したら、老後不安からは解放されます。次の段階に進みましょう!!

 

次は自分の人生の目標の達成のための資金作りに注力することになります。それは、投資資産を増やしたり、サラリーマン年収を増やしたりしていくという考え方もありますが、私は、もう一本の収入源を確保すべきだと考え、それを実行しています。

人生の目標を達成するために3本の収入を作る

サラリーマン収入だけでは、自分の人生でやりたい夢に資金が追い付かない場合もあると思いますし、株式投資はどうしても株価が暴落することがあります。長期投資家である私も気分が良いものではありません。

 

資本主義経済は、株価(経済の成長)は右肩上がりを続けなければ成立しないので。最終的には株価は上がっていくと考えていいと思いますが、株価下落時はストレスになることは間違いありません。ではどうするか?

 

サラリーマン収入と言う太い収入を確保しつつ、これからの時代は、収入源を3個持つことが必要です。その3つとは? 

  1. サラリーマン収入
  2. 資産収入
  3. ブログや、Youtubuなどのコンテンツ収入

です。

 

1、2はすでに達成済みですから、ここからは、3のブログやyoutubuなどのコンテンツ収入について私の考えを書いていきます。

 

ブログやYoutubuなどのコンテンツ収入で月収10万円を超えれば、資産家へ片足をつっこんだ状態と言えます。なぜなら、その10万円を使って、②の投資元本を増やしたり、人を雇って③のコンテンツ収入をさらに増やしたりできるからです。

 

上で書いた、表を見て頂きたいのですが、投資の自己資金を月1万円から10万円にすれば、65歳の時は、1億5,000万円越えの資産になります。これだけ考えても、コンテンツ収入を得るシステム作りはすべきだと気づくと思います。

 

本業収入から毎月10万円も投資に使うのはサラリーマンには中々難しいですが、副業で得たお金ならば容易です。

 

お金がお金を呼ぶモードまで持っていければあとは楽に稼ぐことができ、人生でやりたいことも達成できる可能性が高まります。 

まとめ

まずは老後破産を回避するために投資資産1,500万円を構築し、それから、自分の人生の目標にチャレンジする資産作りに注力する。

 

そのために、ブログやコンテンツ収入を得るシステムを作り上げる。本業のあるサラリーマンでも充分に可能です。

 

サラリーマン給与は、日本の会社に勤めている場合は年功序列で勝手に上がっていくものです。

 

このようなシステムの中で、本業の仕事を必要以上に頑張っても無意味です。給料は努力にたいして支払われないのですから。

 

自分の年収を上げたいのであれば、本業の収入を適切な資産に投資しつつ、ブログなどのコンテンツで、自分の考えを発信していくこれが、これからの賢いサラリーマンの稼ぎ方の基本スタイルです。

 

日本人が小さいころから受けてきた教育方針の「他人と同調する」ことも日本人の美徳として必要ではありますが、自分の人生をどのように生きるかを大人になった今、一度真剣に考えて見ることも必要かと思います。

 

人生の目標を達成するためにすべき3つのことをまとめると

  1. 本業に必要以上に時間をかけない(早く帰る)
  2. 資産収入を構築する(まずは老後破産の回避システム構築)
  3. ブログやYouTubuなどのコンテンツ収入を構築する。

です。

 

3のコンテンツ収入については、途中であきらめてしまって全く収入にならないとか言う話もネット上であふれています。でも愚直に10年とかブログを書いたりして、収入を全く得られない人が居るでしょうか?

 

継続すれば必ず成功できると分かっていることは世の中少ないのに、それが分かっていブログを今すぐ始めるのはいかかですか?

関連記事

サラリーマン給与収入1本から複数収入化するため記事です。

www.mitakabu.com

お金の増やし方の記事です。

www.mitakabu.com

お金の増やし方の記事です。

www.mitakabu.com