ミタゾノの米国株投資

マルチ収入家のユキヒデが普通のサラリーマンが米国株投資を中心に、副収入を得る方法を紹介したブログです。

【MDT】メドトロニックの株価は右肩上がりで、配当利回り1.99%、連続増配41年の配当貴族です。

f:id:kakusala:20191103194630p:plain

【MDT】メドトロニックは、は診断装置や治療器具を扱う医療機器メーカー大手です。

手術支援ロボットなどの先端医療技術を保有しています。

中でも、ペースメーカーの分野で世界首位で、その他、脊髄疾患、悪性・非悪性疼痛、運動障害などに対応する器具を世界各地で製造・販売しています。

買収にも積極的で、

2015年にはコヴィディエン社(手術用製品や人工呼吸器に強みを持つ)を買収し、2016年にはハートウェア社(補助人工心臓メーカー)を買収。
2019年1月には、EPIXセラピューティクスの買収に合意しています。

 

【MDT】メドトロニックの事業内容

【MDT】メドトロニック(Medtronic, PLC)は医療診断および治療器具メーカーで世界各地で製品を販売しています(売上の7割が米国、3割が米国以外)。

主な製品は、徐脈、頻拍性不整脈、心房細動、心不全などの管理、心臓弁置換、悪性・非悪性疼痛など多岐にわたります。

JNJと似た感じですね。

【MDT】メドトロニックの基本情報

f:id:kakusala:20191103203632p:plain

(出典:dividend.comのホームページ)

ティッカー:MDT
本社:アイルランドのダブリン
配当利回り:1.98%
1株配当:年間2.16ドル
配当性向:41.38%
連続増配年:41年

連続増配年41年です。配当利回りは、1.98%。配当性向についても、41.38%とまだ余裕があります。 

【MDT】メドトロニックの権利落ち日と配当支払日

f:id:kakusala:20191103203650p:plain

【MDT】メドトロニックの過去の 配当落ち日は、上表2列目になります。配当落ち月は、3月,7月,9月,12月で、配当支払い月は1月,4月,7月,10月の年4回です。

【MDT】メドトロニックのチャート

10年間の株価チャート(月足)

f:id:kakusala:20191103205043p:plain

(出典:SBI証券) 

チャートを見てわかりますが、右肩上がりに株価が成長し続けています。連続増配により、増配されるたびに、株価も上昇していくとい理想的な状況にあることが見て取れます。

5年間の株価チャート(週足)

f:id:kakusala:20191103205058p:plain

(出典:SBI証券)

5年チャートを見るとRSIが30付近まで下がる、押し目もあり分かり易いです。

 

 

これ以下のデータは、出典についての記載がない場合、MorningStar社のホームページより取得し、僕がグラフ化したものです。最新情報はMorningStar社のホームページを参照ください。

【MDT】メドトロニックの一株利益と一株配当

f:id:kakusala:20191103205114p:plain

【MDT】メドトロニックの一株配当と増配率

f:id:kakusala:20191103205128p:plain

増配率は、7~10%ほど安定してあり、理想的です。

【MDT】メドトロニックの一株配当と配当性向

f:id:kakusala:20191103205143p:plain

【MDT】メドトロニックの配当性向は、大きく増配した時に100%を越えたことがありますが、直近は50%付近で推移していてまだまだ余裕が有ります。

【MDT】メドトロニックのEPSとBPS

f:id:kakusala:20191103205203p:plain

【MDT】メドトロニックの売上と利益推移

f:id:kakusala:20191103205216p:plain

2015年にアイルランド同業のコヴィディエンを430億ドルで買収、2016年に補助人工心臓のハートウェアを11億ドルで買収しました。

買収効果で、2016年から売り上げは大きく伸びました。

2016年を境に営業利益率は少しさげましたが、それでも20%台を確保していて優良です。純利益も伸びてきています。

堅実経営の企業と見えます。

【MDT】メドトロニックのキャッシュフロー

f:id:kakusala:20191103205228p:plain

フリーキャッシュフローが安定的に創出されていて、健全経営ができていることが見て取れます。2016年から投資キャッシュフローが大きくなったのは、買収により会社規模が大きくなったせいです。

【MDT】メドトロニック まとめ

【MDT】メドトロニックは、米国株投資家にあまり有名な銘柄ではないと思いますが、連続増配41年の配当貴族です。

自社株買いも、積極的に行っているし、像は割合も10%弱を維持しています。長期投資向けの銘柄です。

事業分野も安定的なヘルスケア、医療機器を扱っています。配当利回りが約2%ですが、株価が上昇しているため低く見えているだけだとも言えます。

 

まだまだ、配当性向にも余裕が有り、増配は続いていくと期待できます。

 

関連記事

www.mitakabu.com

www.mitakabu.com

www.mitakabu.com