ミタゾノの米国株投資

普通のサラリーマン「ミタゾノ」が高配当米国株投資で、日本のサラリーマンが着実に資産を築いていく方法を実践し、紹介していくブログです。自由な生き方は不労所得で実現する!!を合言葉に、投資資金3,000万円を運用中。

【XOM】エクソン・モービルの株価と決算分析。高配当利回りと増配推移に注目|ミタゾノ

スポンサーリンク

f:id:kakusala:20180623171115p:plain

ジョン・ロックフェラーのスタンダードオイル社が、独占禁止法で解体、分割されてできたのが【XOM】エクソンモービルです。

 

石油銘柄の購入検討するまえに、世界の石油メジャーの成り立ちを覚えておいて損はないでしょう。

 

 石油メジャーとは、資本力と政治力で石油の探鉱(採掘)、生産、輸送、精製、販売ま での全段階を垂直統合で行い、シェアの大部分を寡占する石油系巨大企業複合体の総称です。

 

特に、第二次世界大戦後から1970 年代まで、石油の生産をほぼ独占状態に置いた7 社を セブン・シスターズと呼びます。

 

スタンダードオイルニューヨーク、後のモービル、その後1999 年にエクソンと合併して、ここで紹介している【XOM】エクソンモービル社が誕生しています。

 

セブン・シスターズとは
① スタンダードオイルニュージャージー(後のエッソ、その後1999 年にモービルと合併しエクソンモービルに)
②ロイヤルダッチシェル(オランダ60% /英国40% )
③ アングロペルシャ石油会社(後のブリティッシュペトロリアム、2001 年に会社名の変更でBP に)
④スタンダードオイルニューヨーク(後のモービル、その後1999 年にエクソンと合併してエクソンモービルに)
⑤スタンダードオイルカリフォルニア(後のシェブロン)
⑥ ガルフオイル(後のシェブロン、一部はBP に)
⑦テキサコ(後のシェブロン)

【XOM】エクソン・モービルの株価基本情報

ティッカー:XOM
本社:アメリカ合衆国テキサス州アービング
配当利回り:3.96%
1株配当:年間3.28ドル。
配当性向:67.2%
連続増配年:35年

 

連続増配年35年です。配当利回りは、3.96%。配当性向についても、67.2%とまだまだ余裕があります。

【XOM】エクソン・モービルの権利落ち日と配当支払日

f:id:kakusala:20180623223304p:plain

 【XOM】エクソン・モービルの過去の 配当落ち日は、上表2列目になります。配当落ち月は、2月,5月,8月,11月で、配当支払い月は3月,6月,9月,12月の年4回です。

【XOM】エクソン・モービルのチャート

10年間の株価チャート(月足)

f:id:kakusala:20180623215311p:plain

 5年間の株価チャート(週足)

f:id:kakusala:20180623215325p:plain

f:id:kakusala:20180628084343p:plain

【XOM】エクソン・モービルのEPSと一株配当

f:id:kakusala:20180623223331p:plain

【XOM】エクソン・モービルの一株配当と増配率

f:id:kakusala:20180623223440p:plain

1株配当は右肩上がりですが、2012年の増配率17.8%をピークに増配率は年々下がってきています。原油の下落があるなかで、連続増配35年は見事ですが、近年の増配率を見ると厳しい状況がうかがえます。

【XOM】エクソン・モービルの一株配当と配当性向

f:id:kakusala:20180623223458p:plain

 エクソンモービルの1株配当と配当性向です。2015年からは、配当性向が上がっています。増配率が急減していることを見ても、キャッシュが稼げていないのがわかります。

【XOM】エクソン・モービルのBPSとEPS

f:id:kakusala:20180623223527p:plain

エクソンモービルのEPSとBPSです。

BPSはこの10年で約2倍になりました。EPSは原油安の影響で下がってきています。

 

原油安は石油会社の経営に決定的な影響を与えます。

【XOM】エクソン・モービルの売上と利益推移

f:id:kakusala:20180623223548p:plain

【XOM】エクソンモービルの売り上げと利益です。業績が悪くなっているのがすぐにわかります。特に売り上げがピークの半額になっているのが一番の問題です。純利益、営業利益率も半分になっています。

【XOM】エクソン・モービルのキャッシュフロー

f:id:kakusala:20180623223600p:plain

【XOM】エクソンモービルのキャッシュフローです。2010年~2014年ごろまでは、投資CFを潤沢に使用していましが、原油安になり投資を抑えて、2016年には2013年の半分ほどに抑えています。

 

売上の急減により投資を抑えているのが見て取れます。

 

フリーキャッシュフローも売り上げに比例して、増減していますが、2017年には数値は持ち直しています。

 

【XON】エクソン・モービルの現在の株価は80$台です。世界経済の今後、原油価格の今後は誰にも予想できませんが、70$台前半まで落ちたときに私は購入するための資金を用意しています。

 

私は、インカムゲイン狙いの投資家ですが、できるだけ安く買いたいというのも事実です。

 

2018年6月現在配当利回りは4%付近です。私は税引き後配当利回り4%を目安に米国株を購入しています。税引き前の利回りは、5.6%ほど必要になりますが、そんな株もなかなか少ないので、分散目的の投資対象としています。

 

関連記事

【T】AT&Tと良く比較されるのが【VZ】ベライゾンです。長らく株価は横ばいですが、最近は、株価が上昇していて注目です。

www.mitakabu.com

多くのETFで、組み入れ銘柄に採用される優良株が、ジョンソンエンドジョンソンです。成長性と配当の両方とも、という方にお勧めです。

www.mitakabu.com

豪州ADRの【WBK】ウエストパック銀行は、ファイナンシャルテストを受けるという報道をきっかけに、最近株価を下げていて配当利回り7%近くになっています。

www.mitakabu.com