ミタゾノの米国株投資

マルチ収入家のユキヒデが普通のサラリーマンが米国株投資を中心に、副収入を得る方法を紹介したブログです。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルの株価と配当落ち日、5.82%の高配当利回りで投資妙味あり

f:id:kakusala:20190318160730p:plain

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルは、イギリスロンドンに本社を置く、世界第2位の生産量を誇る民間石油企業です。石油の採掘から、小売り、石油関連製品まで幅広く事業を手掛けています。

投資家目線では、高配当利回り5.82%がRDS.Bの魅力ですが、原油価格が下落した2015年代は配当利回りが7%台になっていたこともあります。

僕は、XOMを少し保有していますが、現在のXOMの配当利回りは、4.05%です。【RDS.B】の方が2%弱配当利回りがイイ!!

以前から、【RDS.B】が欲しいと思っていたので、今日は詳細分析をしていきます。 

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルはどんな事業をしている会社か?

ロイヤルダッチシェルの事業を紹介する前に、国際メジャーについて少し理解していきたいと思います。

 

実は、世界の石油会社は、1970年代まで、7社で独占されていて、【RDS.B】ロイヤルダッチシェルはその中の一つです。この7社を、「セブンシスターズ」と呼んでいます。

セブン・シスターズ

  • 1 スタンダードオイルニュージャージー(現在XOM)
  • 2 ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ60%、英国40% )
  • 3 アングロペルシャ石油会社(現在BP)
  • 4 スタンダードオイルニューヨーク(現在XOM)
  • 5 スタンダードオイルカリフォルニア(現在CVX)
  • 6 ガルフ石油(現在CVX、一部はBP)
  • 7 テキサコ(現在CVX) 

1960年代アラブ諸国が力をつけてきてオイルショックが発生、【XOM】エクソン・モービル、【RDS.B】ロイヤルダッチシェル、【BP】ブリティッシュ・ペトロリアム、【CVX】シェブロンの4つに集約されました。

 

現在、ヨーロッパ最大のエネルギーグループ企業のRDS.Bは、145カ国で事業を行っていて、50以上の製油所と4万店舗以上ガソリンスタンドを展開しています。

探鉱 、精製、輸送、販売までの事業を一括でおこなっていて、裾野が広い事業形態が特徴です。

1990年代後半からは、サステナビリティなエネルギー分野に参入し、石油代替エネルギーに力を注ぎ、風力発電、太陽光発電 、海洋発電に積極的に投資をしています。

近年行った買収としては、2015年に天然ガス会社BGを500億ドルで買収したのが記憶に新しく、この買収で世界で最もLNGを生産する会社となりました。

RDS.AとRDS.Bがある理由 

実は、ロイヤル・ダッチ・シェルには、RDS.AとRDS.Bがあって、お得なのは【RDS.B】です。

ロイヤル・ダッチ社はオランダ企業、シェル社はイギリス企業です。オランダの外国株源泉徴収税は15%、イギリスは0%です。

RDS.Aがオランダ

RDS.Bがイギリス

の流れを受け継ぐので、日本人が買うなら無駄な税金がかからないRDS.Bを購入すべきですね。 

株式基本情報

f:id:kakusala:20190318160838p:plain

ティッカー:RDS.B
本社:イギリス ロンドン
配当利回り:5.82%
1株配当:年間3.76ドル
配当性向:-%
連続増配年:-

連続増配年0年です。配当利回りは、5.82%。 

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルの権利落ち日と配当支払日

f:id:kakusala:20190318160857p:plain

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルの過去の 配当落ち日は、上表2列目になります。配当落ち月は、2月,5月,8月,11月で、配当支払い月は3月,6月,9月,12月の年4回です。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルのチャート

10年間の株価チャート(月足)

f:id:kakusala:20190318160915p:plain

ロイヤル・ダッチ・シェルの場合、世界的な不況や原油安で40$付近っまで値下がりすることがあるのですが、減配せずに配当は維持しています。

長期チャートを見ると40$付近で反発することが多く、この辺で買えると長く持っていられそうです。

ロイヤル・ダッチ・シェルは、配当利回りは高いですが、増配率は高くないので、株価も育ちにくく、当たり前ですが、安いところで買うということが投資成功の要です。 

5年間の株価チャート(週足)

f:id:kakusala:20190318160939p:plain


5年チャートを見ると2016年から、石油価格が下落から上昇に転じたのとともに株価が上昇しています。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルの一株利益と一株配当

f:id:kakusala:20190318161004p:plain

シェールオイル革命とチャイナショックの2015年大きくEPSが下がっていますが、現在は回復傾向にあります。この間減配していないのは、RDS.Bの株主還元姿勢に好感が持てます。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルの一株配当と増配率

f:id:kakusala:20190318161045p:plain

DPS(一株当たり配当)は、2015年までは順調に上がっていましたが、2015年からは3.76$で据え置かれています。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルの一株配当と配当性向

f:id:kakusala:20190318161138p:plain

原油価格が高値の2014年までは配当性向も健全な水準の80%以下でしたが、2015年に原油安になったとき、配当性向は700%まで超えました。

普通なら減配する水準ですが、配当を維持したことは好感が持てます。2018年配当性向は100%以下となり、今後増配があるか注視ですね。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルのEPSとBPS

f:id:kakusala:20190318161209p:plain

BPSの単位はEURです。(2012年のデータは0ではなく、MorningStarのデータが表示されないのが原因です。)

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルの売上と利益推移

f:id:kakusala:20190318161516p:plain

原油価格とリンクして売上が上げ下げしています。2015年は営業利益がマイナスとなっています。営業利益率は10%以下と高くはありません。資源価格とともにある事業です。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルのキャッシュフロー

f:id:kakusala:20190318161536p:plain

石油産業は投資キャッシュフローの割合が大きく、経営的には難しいと言わざる負えませんね。2009年、2016年とフリーキャッシュフローがマイナスになっています。

僕は、フリーキャッシュフローが過去5年合計でマイナスになると経営的に問題があると考えますが、【RDS.B】はその点はクリアしています。

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェル まとめ

2015年の原油安の影響から立ち直りつつある【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェルは、【XON】、【BP】、【CVX】の中で最も高配当を維持しています。しかも原油安のなか、配当を維持してきたことは我々株主にとってはありがたいことです。

市場経済と原油価格は相関関係があって、経済がしぼむと、原油が安くなり経済が冷え込むが、あるところまで原油が安くなると、経済が回復してくるというサイクルがあります。

【RDS.B】への投資はこのサイクルを見極めて、安いとこで仕込むか、原油安時にも配当を維持する【RDS.B】の経営方針を信じて長期で投資できる資金で持ち続けるのどちらかだと思います。

ADR銘柄なので、外国株源泉徴収税がかからないので、今の配当水準で、税引後配当利回りは、5.82%×0.8=4.656%、100万円で年間4万6560円の配当増…

 

僕も、ホルダーにいつかなると思います。新規購入記事を書くのが楽しみです。 

 

関連記事

 

【XON】エクソン・モービルの記事です。

www.mitakabu.com

【BP】BPの記事です。

www.mitakabu.com