ミタゾノの米国株投資

マルチ収入家のユキヒデが普通のサラリーマンが米国株投資を中心に、副収入を得る方法を紹介したブログです。

45歳以上のリストラ予備軍のサバイバル戦略|富士通、NECまでもがリストラ実行中

f:id:kakusala:20190408214230j:plain

富士通、NECなどの大企業が45歳以上を対象に、リストラや配置転換を開始したというニュースが駆け巡ったのは最近のことですが、Fujitsuが45歳以上を対象にリストラを始めたと聞いた時には、僕にも衝撃が走った。

それで、この衝撃的なニュースが、自分の働き方についてもう一度深く考えるきっかけを与えてくれたのですが、こういったニュースを自分に置き換えて考えることって、生きていくうえでとても大切だと僕は考えている。

大人になると、守るべきものが多くなり、自分の生き方の修正が難しくなるとおもっているのですが、それこそが危険な考え方という認識を僕は持つにいたった。世の中は自分が思う以上に急速に変わってきている。

雇用環境については、70歳までの雇用を努力目標にしつつ、若者の就職については、ほとんど何も手を打たない、今はやっていけるかも知れないが、将来的な日本という国の維持について考えると、政府のやり方には疑問を呈するばかりです。

 

現在、45歳前後の人間は、団塊の世代の子供たちで、人口が多く企業のお荷物となっているらしいのだが、会社に25年間ほど貢献して来た社員を簡単に切り捨てるという現実を受け止めて、

今日は、僕たちが生きていくためのサバイバル戦略を考えて行きたいと思います。 

リストラを断行した企業側の思考

 僕たちサラリーマン全員が、どんな優良企業に勤めていたとしても、会社の倒産や、リストラに合うリスクを抱えながら仕事をしている。これが現実です。

企業側の視点で見ると、「稼げないお荷物社員はいらない」ということと、「事業が上手くいかなくなったので、口減らしをしたい」ということからリストラを断行するケースがほとんどです。

つまり、自分が所属する会社の業績次第で、自分の運命が決まるのです。

考えると当り前のことですが、サラリーマンの我々は、毎月安定した給料が支払われる。そのため会社の業績の良し悪しについては、リストラや倒産という目に合わないと気が付かない人が多い。ここが危ないのです。

そして先に僕が言いたいのは、会社の業績によって、自分の運命が決まるような生き方は今の時代する必要がないということ。会社依存から早期に抜け出す働き方を目指すのです。

自分に何ができるか?

 僕の考えでは、サラリーマンをしている限り、会社に依存するリスクは必ずあって、会社側の一言で、収入減や、リストラ、倒産するリスクは抱えているのは事実です。

因みに、僕の経験だと、業績の悪化に伴う、収入減の会社側の申し入れがあった場合は、労働組合の存在はほとんど無意味で、「会社存続のためには給料カットはやも終えない」ということになって、社員の直近の生活などは考えずに、給与カットを断行されます。

 

リストラも同じだし、倒産などの場合は、倒産するその日まで社員には倒産の連絡はしないのが通例だ。

僕が言いたいのは、会社に依存している限り、人生路頭に迷うことはあるということ。

そうならないために、僕たちができる対策は何かを考えてみた。それは簡単なことで、

①貯蓄
②夫婦共働き
③副業

あたりまえのことですが、お金を持つことがリストラ対策の唯一の方法で、突発的なリストラの状況から、再就職までの時間を稼ぐことが出来ます。

貯蓄

まず、サラリーマン最も簡単にできるリストラ防衛策は、できるだけ生活費を下げて貯蓄すること。そうすればリストラにあってもすぐに路頭に迷うことは無くなります。

ただし、他社に移っても通用するようなスキルを上げるなどの準備の無いまま会社からリストラにあったとすると、転職の際に、給料が大きく下がることは容易に予想がつくわけで、貯蓄だけでは、直近の問題の対処療法にしかならない。

ここは理解すべきで、貯蓄は当り前だが、人生スパンではリストラや、低収入化の問題の最終解決にはならない。貯蓄を食いつぶしていく人生モデルは、シュリンクするだけです。

 

でもすぐに路頭に迷わに用に貯蓄はしておくべきで、1年分の生活費は少なくとも貯蓄しておくべきだと言われています。ここがリストラ対策のスタート

1年分の生活費の貯蓄はリストラ対策の最低条件

夫婦共働き

これは世帯年収を上げることが出来る最も効率が良い方法だと思います。僕は4人家族なのですが、少なくとも家族持ちの場合は、税引前年収600万円ないと、色々なところで、お金に関して不自由を強いられると考えてます。子供の学費もかかりますしね。

日本の税制では、例えば夫1人で1,000万円稼ぐよりも夫婦2人で500万円ずつ稼いだ方が手取り収入が多くお得です。

勿論子供がいた場合は、子供にも負担を強いることになるので、そこは家族での話し合いが必要になります。家族持ちの場合、お金なのか、家族との時間なのが、何を優先することが幸せなのかを良く家族で話し合う必要があります。

僕の家の場合、子供が大きくなったことから、妻が年収200万円ほどのしごとに出ている。家庭と仕事を両立できるレベルです。妻の年収で生活しているわけではないが、世帯年収が、年間180万円ほど増えるのでこれだけでも経済的な安定となる。

子供に関しては、自立を促す教育方針に変換しつつ、土日は家族で出かけることで、逆にメリハリができた生活になったかと思っている。

夫婦共働きができる環境であるならば、経済的なメリットは大きい。

副業

僕の考える副業は、ネットで稼ぐ副業のことで、バイトなど不労所得にならない副業をやってもほとんど意味がないと考えています。時間を売る仕事は、本業のサラリーマン収入だけにしておいた方が人生が開かれると考えています。

僕自身ブログ収入を得ていますが、このブログだけでもザックリ毎月3万円稼いでいる。1日1,000円チャリンとお金が入って計算です。

これが、たった140記事を書いた段階でです。

年収にして、まだ36万円程度ですが、複数の収入口を持つことと、その収入を育てられるポジションにいることは、大きなアドバンテージになります。

 

ブログで人生が開ける感覚を僕は今味わっています。

 

このまま副業収入が成長すれば、人生変わる予感しかないのです。

ブログは絶対に始めた方がいいです。これは声を大きくして言いたい。

まだサラリーマン収入だけで生活するつもり?

今、僕は3,000万円弱を米国株に投資し、年間不労所得約120万円をえていて、それをすべて再投資して不労所得の積み上げをしています。

加えて、ブログからも収入を得ることにも成功し、少しずつですが、金銭面の安定を実感できるようになっています(妻の収入は別勘定)。

 

ただし、米国株投資をこれまで行ってきた感想として、3,0000万円もの投資をしても年間配当の手取りが120万円ほどにしかならないという事実に、少し悲観的におもうことがあります。

僕自身は、セミリタイヤを考えることもありますが、今の4倍の480万円ほどの不労所得(手取り)が無いと、サラリーマンを辞めることはできないと思います。なぜなら、子供の学費やら、老後の生活やらで、この先いくらほどお金が必要なのか分からないからです。

年間480万円の米国株からの不労所得を得るためには、1億2,000万円の投資元本が必要になります。

これをサラリーマンの給与収入で賄うのは不可能です。米国株投資の配当の複利運用が最も成功し、毎年100万円の自己資金を投資したとを考えても、1億2,000万円貯まるのは、僕の場合は80歳をすぎてからになりそうです。

これでは、全く意味のない貯蓄と不労所得になって言いまいます。少なくとも60代でまとまった資金を確保しないと、楽しめない人生になると僕は考えています。80歳から、旅行に行くなんて楽しめないし、死んでいる可能性もあります。

 

飯を食べて、寝て、また飯を食べるような老後は望んでいません。他人のために、自分のスキルを活かしたり、もちろん僕の趣味の海外旅行にも行きたい。アラフォーになってからそういったことを考えています。

このようなことをブログで語る人も少ないと思うのでが、やりたいことを達成するには、お金を稼ぐことは必須です。

でも、サラリーマン収入からの貯蓄と、米国株投資からの配当だけでは、達成するのは困難なのです。ここに気付けたことは良かった。

 

考え方を変えないと、目標金額は貯まらない。

 

だから僕は、ブログなどの、ネットのコンテンツ収入から収入を得ようと行動しているのです。どこまで収入を伸ばせるかは正直、今は分かりません。

ただ、この収入が毎月の給与を超えることが出来れば、人生の経済的安定は達成したようなものです。そこまでまずは達成したい。そしてそのやり方を、今サラリーマンで働いている方々に発信していきたいと考えています。

もう一度書きます。とりあえずブログは始めた方がいいです。

そして米国株投資や、不動産投資を検討して、不労所得を積みあげる。これが経済的不安から脱却する鉄板行動だと僕は考えています。

 

まずは、サラリーマン収入だけで、人生を組み立てる思考から脱しましょう!!

まとめ

 45歳を超えてリストラされた場合、今の日本の雇用環境では、就職できたとしても、収入減のリスクが多分にあります。

富士通や、NEC以外にも、エーザイ、千趣会、アルペン、日本ハムなどの有名一流企業が、45歳以上を対象にリストラを断行している。

これは、他人事ではありません。

このような時代になった日本で働く僕らは、いつリストラにあってもおかしくないと考えて、日々の仕事でも進んで新しいことを学んでいくべきです。

僕の場合は、サラリーマンのスキルアップに加えて、米国株投資で不労所得、ブログなどのコンテンツ収入を伸ばすことで、経済的なリスクを回避するように日々励んでいるのです。マルチに収入を得ることが安定化の絶対条件です。

 

面白いことに、副業をすることによって、本業の仕事効率が各段にアップしたと感じているし、実際、副業による収入が増えたことで人生の幸福度が増してきています。

今後企業のリストラは増え続けるはずです。仕事をしない社員は、当り前ですがクビになる社会に今後はなっていき、格差が増大していくと思います。 

自分が将来どうなりたいかを良く考えて、スキルアップを計画して働くことが今後はとても大事になります。

 

この記事であなたと出会えたのは、何かのご縁です。

すぐに行動を始めてくください。不労所得作りや副業を始めれば、経済的な不安が少しづつ小さくなっていき、自由で幸福な人生を獲得する確率が高まっていくはずです。

これを何十年もかけて続ければ絶対成功すると僕は思っています。 

まとめ+

f:id:kakusala:20190604111247p:plain

僕の現在の毎月の収入比率が上表です。本業収入は、税引後の手取ベース、投資収入は、税引後の手取ベース、コンテンツ収入は税引前の収入で書いている。

米国株投資に加えて、コンテンツ収入を得ることにより、3収入得ていることになります。

コンテンツ収入を見て頂くとわかりますが、過去5か月間収入は伸び続けていて、僕の収入の内訳でも無視できない存在になってきています。

僕は、普通のというよりも、本業がかなり忙しい方のサラリーマンです。凡人の僕が3収入得られるようになったのは、行動しただけです。

嫁の収入は上記に含まれていないので、世帯収入的にはもっと安定方向です。

凡人でも、行動すれば人生を変えられるという参考にして頂ければ幸いです。

もちろん僕も、今頑張っているところ。

これからどう収入が伸びていくかは分かりませんが、10年スパンで考えれば、失敗するはずが有りません。サラリーマン収入だけで生きていこうとする方がリスクだということがグラフからも読み取れるはずです。1収入の危険性に気付ければ行動あるのみです。

 

関連記事

技術や、生活環境は常に変化しているし、今はそのスピードがめちゃくちゃ速い。時代の波にのりながら生きる感覚を身につ行けるとこが大切だと思います。とりあえず我々サラリーマンに大きな影響をもたらす、働き方改革関連法について理解してください。

www.mitakabu.com

この記事の前に書いた、記事です。【リーマン+ブロガー】を僕は始めました。

www.mitakabu.com

自分が楽しいと思える生き方に転換しましたという記事です。

www.mitakabu.com