ミタゾノの米国株投資

マルチ収入家のユキヒデが普通のサラリーマンが米国株投資を中心に、副収入を得る方法を紹介したブログです。

【ブログでHDVを銘柄分析】配当利回り約3.4%の「iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF」を銘柄分析

f:id:kakusala:20190827192727p:plain

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFは、米国株投資家に人気の高い【VYM】と似たブラックロック社のETFです。バンガード社のVYMを意識して作られたETFと言っても問題はないでしょう。

分配金利回りは、3.3%~3.8%ぐらいを推移していて、チャートを見ても分かる通り、キャピタルゲインも狙えるETFになります。

調査時の株価は、91.49$で、米中貿易戦争の影響か、直近の株価は下落傾向です。価格が下がるということは、ある意味買い時とも言えるHDVについて今日は銘柄分析していきます。

【HDV】の基本情報

f:id:kakusala:20190828082740p:plain

(出典:dividend.comより)

 
【基本データ】
  • 設 定 日:2011年3月29日
  • インデックス:モーニングスター配当フォーカス指数
  • 純 資 産 総 額 : USD 7,073,375,729 
  • 委 託 管 理 料 : 0.08%
  • 配 当 利 回 り : 約3.4%
  • 配当実績: 3.00ドル
  • 組 入 銘 柄 数 : 75
  • 運用会社:BlackRock

僕が保有している米国高配当ETFは、バンガード社の【VYM】ですが、これに似たBlackRocK社のETFが【HDV】です。

米国株長期投資家のポートフォリオには、【VYM】が入っていることが多いと思いますが、【HDV】についても理解を深めて、良い所、悪い所を確認していきたいと思います。

いろいろな銘柄を広範に知ることで、自分の銘柄選定の力を、ながらで高めることは大切だと思います。それに僕の記事が少しでも役立てば幸いです。

【HDV】の権利落日と配当支払日

f:id:kakusala:20190828082750p:plain

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの過去の 配当落ち日は、上表2列目になります。配当落ち月は、3月,6月,9月,12月で、配当支払い月は3月,6月,9月,12月の年4回です。

 すぐに分配金を支払ってくれるのは有難いです。

因みにステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ 社の高配当株ETFの【SPYD】も同じ配当支払い月となっています。

 【HDV】の構成銘柄上位10位 

日付 2019年8月26日

 【HDV】の構成銘柄上位10位です。

僕の現在の保有銘柄は、次の18銘柄なのですが、結構カブっているいる銘柄があります。

僕の【2019年8月現在の保有銘柄】は、

ETF

【PFF】, 【VHT】,【VYM】,【BND】

個別株

【MSFT】,【BTI】,【PM】,【MO】,【NEE】,【ABBV】,【XOM】,【NGG】,【JNJ】,【PG】,【V】,【T】,【MCD】,【WBK】

 

なのですが、XOM、JNJ、PG、PM、KOの5銘柄が【HDV】の上位10銘柄と同じです。

僕個人的には保有銘柄がカブるので、【HDV】の購入は控えておいた方がイイかなと思います。僕はいつもこういう感じでETFの購入するか考えることが多いです。

 

逆に個別銘柄を購入するときは、他のブログから優良銘柄を検討しましたが、【VYM】の上位銘柄を参考に個別銘柄を買い進めていった記憶があります。

日本株の有名ブロガーの「二億為雄」さんも投資信託から優良銘柄を捜すことがあるといっていたので、投資信託やETFの構成銘柄から個別株を選ぶということはありだと僕は思っています。

投資信託やETFは金融工学を駆使して銘柄選定しているわけで、構成銘柄は優良銘柄なものが多いと考えて良いはずです。

【HDV】の業種別構成比率

f:id:kakusala:20190828084423p:plain

(出典:BlackRock社のホームページより)

 【HDV】はエネルギー、生活必需品、ヘルスケアで60%を超える保有比率になります。

エネルギーが多いことは記憶しておいた方が良さそうです。石油価格と連動するので、時によっては株価が大きく上下します。

今現在はXOMは60$台とかなり値下がりしています。50$台になれば僕は買い増しします。

【HDV】とVYM、SPYDのパフォーマンス比較

f:id:kakusala:20190827130924p:plain

SPYDの設定が2015年なので、2015年からの比較になります。株価パフォーマンスは、VYM、HDV、SPYDの順です。過去の実績なので、今後どうなるかは誰にも分かりませんが、VYMを買っていた僕は得したということになります。

まとめ

【HDV】の信託報酬は0.08%です。最安値水準と言っていいと思います。配当利回りは3.4%ほどなので、キャピタルゲインと配当利回りを考えて少々物足りなさを感じます。

構成銘柄については、75銘柄ほどと、VYMの400銘柄と比較して少々分散効果は小さくなっています。ただ比較してですので、75銘柄に分散されていれば十分だとも見え、この辺は個人の選好かと思います。

構成銘柄を

僕がHDVを購入していない理由は、僕が保有している個別株が被っていること、VYMの方がパフォーマンスが少々勝っているからです。

そして信託報酬もVYMは0.06%とHDVよりもより安いです。ここが大きいですね。

過去のパフォーマンスが未来を保証するわけではありませんが、少しでもプラスになりそうなのがVYMのため僕は購入しました。

 

正直、友人にVYMとHDVどちらがお勧めと聞かれたら、僕はVYMをお勧めすると思います。

 

関連記事

バンガード社の高配当株式ETFの【VYM】の記事です。

www.mitakabu.com

高配当株式ETFの【SPYD】の記事です。

www.mitakabu.com

安定を狙うなら債券投資【BND】の記事です。

www.mitakabu.com