ミタゾノの米国株投資

マルチ収入家のユキヒデが普通のサラリーマンが米国株投資を中心に、副収入を得る方法を紹介したブログです。

【2019年2月の配当収入】とポートフォリオ

f:id:kakusala:20190218115307p:plain

私の保有する米国株のポートフォリオは上図のような割合です。

2019年2月の配当金・分配金

今月の配当、分配金受取銘柄は、次に示す銘柄になります。

2019年2月の銘柄

  1. BTI(ブリティシュ・アメリカン・タバコ /英ADR)
  2. PFF(iシェアーズ米国優先株式&インカム証券ETF / 米ETF)
  3. PG(プロクター・アンド・ギャンブル/米個別株)
  4. T(AT&T/米個別株)

PFFのベンチマークが2019年2月1日より変更になっています。値動きについては今後も注視が必要です。          

  【名称変更】iShares U.S. Preferred Stock ETF → iShares Preferred and Income Securities ETF 【ベンチマーク変更】S&P U.S. Preferred Stock Index → ICE Exchange-Listed Preferred & Hybrid Securities Transition Index

2019年2月の配当収入と口座入金日

2019年2月の配当収入は、102,036です。

 

ティッカー 配当金
US$
配当金
JP¥
SBI証券
入金日
BTI 200.15$ 22,017円 2月13日
PFF 426.1$ 46,871円 2月8日
PG 25.9$ 28,490円 2月18日
T 275.45$ 30,300円 2月4日
合計 927.60$ 102,036円  

(1ドル110円として日本円換算)

月間の配当収入推移

f:id:kakusala:20190218202407p:plain

年間の配当収入推移

f:id:kakusala:20190218202426p:plain

米国株式の売買

2019年2月は、米国公益電力株の【NEE】ネクステラ・エナジーを、14株、約30万円ほど打診買いしました!!これで年間の配当収入が約50$増加します。【NEE】への投資は、配当収入が主目的ではなく、株価上昇を期待しての購入です。

 

新規購入した、【NEE】の次回の配当支払い月は来月の3月です。配当の取りこぼし無く購入できました。でもRSIは70%付近と割高です。普通なら購入する水準ではありませんが、配当収入によるドルに余裕があることと、株価がなかなか下がらないのでエイヤーと購入してしまいました。完全に勢いです。

年間の予想配当額

保有中米国株の、税引後配当(単位US$)

f:id:kakusala:20190218112445p:plain

dividend.comで、年間一株配当を調査し、配当支払い月(SBI証券で入金される月)に均等に配分したものです(銘柄によっては、月によって配当支払い額が変動したり、SBI証券に振り込まれる月が替わる場合があります。)。

「これぐらいの配当が貰える」という、あくまでも目安です。

年間の税引後配当収入は10,061$、1$110円換算で110万円ほどになります。

まとめ

株式配当による不労所得は、一度お金の流れを作ってしまえば、定期的な収入となるので、自分の時間を取られることはありません。

毎月平均で10万円ほどの不労所得が何もせずに手に入る環境を構築できた今、全くのストレスフリーで投資活動ができています。

米国の経済状況により、株価は上下に動きますが、そんなことは長期投資が解決してくれるという考えです。米国株投資で、不労所得を得るのは、全くもって簡単な作業なので、忙しいサラリーマン向きだと思います。

 

日本のサラリーマンは、何となく老後不安を持ちながら働いていると思います。それはそうです。「年金がもらえる年齢を簡単に70歳まで引き上げようかなー」と政府が勝手にやるのですからね。本当に信用できません。

 

それでも、実質的な年金支給額は減る可能性は高いですが、年金は必ずもらえるので、物価上昇に備えて厚生年金の積み立てはすべきです。

定年までに1,500万円を時間をかけて複利運用で投資すれば、株価の下落にも全く動じないポートフォリオの構築が可能です。税引後配当利回り4%の運用は可能で、定年までに1,500万円の投資資産を用意すれば、月平均5万円、年間60万円をゲットできる(税引後で)。

 

老後の生活費は、夫婦2人で月25万円は必要といわれています。これに対して、厚生年金込みのモデル世帯のサラリーマンの年金額は20万円ほどです。月5万円たりないのです。

 

まずは定年までに投資資産1,500万円を構築し、毎月の年金20万円と配当5万円で暮らすことで老後破産の不安を払拭する。 

 

これは、「将来への経済的不安を無くす」という意味でとても大事だと思います。

 

老後は年金の足りない分を配当収入でカバーして、元本には手を付けない。これが老後破産を高確率で回避できる戦略だと思います。それどころかゆとりが生まれる可能性大です。 

 

もう少し考えを拡げると、定年までに1,500万円投資と提案しましたが、それは、最低限の目標です。

できるだけ若い時に投資額を増やしていけば、その分ゆとりが生まれます。上手くやれば、早く会社を辞めて自由人になることも可能です。 時間をかけて複利運用していけば、資産の半分以上を投資で得た収入にすることも可能です。

 

投資資産が元本以上を維持できれば、ストレスフリーです。少しずつお金の知識を付けていって資産を構築していく。人生の荒波に対する備えを付けていく。「お金があれば何でもできる」

 

GOOD LUCK!!

 

関連記事

配当収入の記事です。

【2019年】

【2019年10月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年9月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年8月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年7月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年6月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年5月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年4月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年3月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年2月の配当収入】とポートフォリオ

【2019年1月の配当収入】とポートフォリオ

【2018年】

【2018年12月の配当収入】とポートフォリオ

【2018年11月の配当収入】とポートフォリオ

【2018年10月の配当収入】とポートフォリオ

【2018年9月の配当収入】とポートフォリオ

【2018年8月の配当収入】とポートフォリオ